読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

顔が怖くてすみません。

誰かが学生のうちに日記をつけなさいと言ったので。

一人の女の生き様を描く「ハイヒールの男」

f:id:jururuk:20170424230745j:plain

1.主演チャ・スンウォンの魅力

韓国版安田顕、あるいは15年後の東出昌大を想像させるチャ・スンウォンさんのお顔立ち。

男らしくて、骨ばっていて、背が高い色男の彼ですが、作中で演じるのは「女性になりたい」と願う警察官です。

彼の凄み、それはトランスジェンダーとして全く違和感がないこと。

視線、顔の向き、仕草、話し方、その全てに「女」が隠されていました。

韓国の俳優さんは演技が上手いという勝手な概念を持っていますが、この映画でも裏切られることはありませんでした。

 

2.韓国映画のハードアクション

韓国映画のアクションといえば、やたらグロテスクな表現が目立ちますが、この作品もところどころ目をそらしたくなるような残虐な表現があります。

しかしカメラのアングルやスロー映像を駆使した撮影など、非常に見やすいアクションで、「ん?今どうなったの?」というような混乱はないでしょう。

しかも超ハード。体格のいいチャ・スンウォンがよく映えます。 

 

3.トランスジェンダーの苦悩が詰め込まれた作品

これが特に顕著に現れていたのは幼少期の回想シーンと居酒屋で仕事仲間と飲むシーンだったと思います。

クラスメイトからのいじめともとれるからかい、悪気のない仕事仲間の差別的ジョーク、「女装」をネタに悪ふざけする同僚。

トランスジェンダーの方なら共感できるであろう肩身の狭い経験を描いています。

性転換に関しても深く追求しており、主人公は全てをかけて性転換をするべきかどうか悩んでいます。

f:id:jururuk:20170424233413j:plain

 

4.トランスジェンダーとして生きるための教訓

「手術するだけじゃ女にはなれない。心が完全に女になったら、手術すべきよ」  

(女装して外へ出れば)変な目で見られるわ。それを感じて。強く感じるのよ。そして何も思わなくなったら……女になってるわ」 

作中に登場するトランスジェンダーキャラのセリフです。

私自身、トランスジェンダーと単なるレズビアンの狭間で彷徨っているので、このセリフには強く感銘を受けました。

外へ出れば確かに変な目で見られることは少々あります。

まだ私はそれを何とも思話ないなんてできません。

まだ不安定に生きていることを痛感しました。

平気だと思っていても、意外に繊細な心を人間は持っています。

今一度自分と向き合うため、トランスジェンダーとして生きるためにぜひこの映画に触れて欲しいです。

『パッセンジャー』感想・ネタバレ有り

 

www.passenger-movie.jp

ゼロ・グラビティを見て以来、SF映画に対しての興奮がやまない一朶です。もともとモンゴルの草原とかグランドキャニオンとか、そういう広大なものに惹かれやすく、宇宙もその対象でした。文系なので宇宙について考え出すと頭が沸騰しますが。

 

パッセンジャー』もあらすじを読んだだけでこれは絶対に面白いと確信しておりました。案の定ストーリーが面白く、おまけに主演は美男美女、映像もすばらしくきれいでした。

 

⒈あらすじ

 

(公式サイトより)

 ⒉キャスト

 関連画像

主演はクリス・プラットジェニファー・ローレンス

クリス・プラット演じるジムは行動力のあるタイプのエンジニアでした。船内を散策し、乗務員室をこじ開けようとしてみたり、冬眠ポッドのマニュアルを読んで再度冬眠を図ろうとしたり。あとすごくマッチョでした。

一方ジェニファー・ローレンス演じるオーロラは、移住経験を物語にするという目的をもつ作家です。聡明で友人に愛される彼女だが、感情的になる一面もあります。あとすごくセクシーでした。

⒊ストーリー 「passengers movie」の画像検索結果

映画の冒頭はアヴァロン号に小惑星が衝突したのち、ジムが冬眠から目覚めるシーンから始まりまりました。思ったよりも短い時間で目覚めたことに違和感を覚えるジムでしたが、おしゃれをしたり口説き文句を練習したり、船内での生活を楽しみにしているようでした。しかし自分以外に誰もいない状況が続き、すぐに自分は90年も早く目覚めてしまったことに気がつきます。冬眠ポッドのマニュアルを探りながら再び眠りに入ろうとするが失敗。オペレーションシステムも役に立たず、ゴールドクラスの乗客ではないので食事も質素なものばかりでした。そんな時船内のバーで人を発見します。彼の名前はアーサー。上半身はまるで人間、しかし下半身は鉄がむき出しのアンドロイドなのでした。

「passengers movie」の画像検索結果

アーサーからもっと船内での生活を楽しむように言われたジムはその言葉通り、無駄な考え事は一切せずに施設で遊びまくります。しかし喜びもつかの間、孤独に襲われたジムは生身で宇宙空間へと飛び出すことを考えるが未遂に終わりました。そんな時に出会ったのがまだ冬眠中のオーロラでした。彼女のデータを閲覧したジムはやがて恋心を芽生えさせます。一人でいることに限界を感じたジムは、悩んだ末、エンジニアだということを生かしてオーロラを起こすことにしました。しかしすぐにそのことを後悔し罪悪感を覚えながらも、何も知らないふりをして彼女との対面を果たすのでした。

f:id:jururuk:20170409143441p:plain

 はじめは狼狽えるオーロラだったが、一緒に過ごしていくうちに惹かれていく二人。毎日無駄に愛を確かめ合いながら船内での生活に慣れていきます。ある日オーロラをアーサーのバーへデートに誘ったジムは、席を外してオーロラへ指輪を贈る準備をしていた。しかしバーへ戻ってくると重い空気が漂っていました。アーサーがジムのしたことをオーロラに話してしまったのです。裏切られた上人生を台無しにされたオーロラは怒り狂い、ジムと一切の関わりを断とうとします。ひたすら謝ろうとするジムを相手にしません。そんな二人のもとに、冬眠から目覚めてしまった乗組員・ガスが現れるのです。f:id:jururuk:20170409143534j:plain

船にもさまざまな異常が発生していました。問題を解決するために試行錯誤するガスでしたが、病気が進行し作業困難に。ジムとオーロラに全てを託し、眠るようにして亡くなりました。アヴァロン号の崩壊は止まらず、ジムとオーロラは自分たちと5000人の乗客たちの命を救うため再び手を取り合ったのですが、発見した問題を解決するためには一人が外へ出て原子炉の扉を開けなければならない状況に。名乗りをあげたジムはオーロラと別れる覚悟をしていたが、オーロラは彼が無事に戻ってくることを切実に願いました。

f:id:jururuk:20170409144608j:plain

ドアを開けることに成功したジムだったが熱と爆風に吹き飛ばされ、宇宙空間に放出されてしまったジムは生死を彷徨います。ジムを連れ戻すためにオーロラは自ら宇宙空間に飛び出し、なんとか助け出しますがジムは医療ポッドに死亡の判定を受けました。諦めずポッドに蘇生させたオーロラは、ジムの命を救ったのでした。

f:id:jururuk:20170409145056j:plain

生き返ったジムは、ガスのアイデアである医療ポッドで代謝停止をし、冬眠に近い状態にさせるということオーロラに提案します。ひとつしかない医療ポッドをオーロラに譲り、できるはずもない90年後の再会を約束するジム。しかしオーロラはポッドに入らず、ジムとともに生涯を過ごすことを決心したのでした。

 

 

⒋感想と考察

ゼロ・グラビティインターステラー、オデッセイなど有名どころは見てきましたが、恋愛が大きなテーマを占めるSF映画は初めてでした。主演の二人の演技は見応えのあるもので、特にクリス・プラット演じるジムがオーロラを起こしてしまった後の焦りと罪悪感に襲われる場面はすごくリアルでした。ジムはオーロラを起こすという人としては最悪の選択をしてしまうわけですが(後に起こしていなくても船が崩壊し全員死亡することがわかる)、彼女の喜ぶことをしようと一生懸命尽くしました。それが結果として自身を孤独から解放することに繋がり、そういう意味ではジムはオーロラに命を救われたといえます。オーロラは真実を知りジムに失望していましたが、ジムのまっすぐな愛情、自らを犠牲にしてオーロラと乗客を救おうとする精神力にやはり惹かれていたのです。だからこそ自分の命の危険もかえりみず、迷いなくジムを助け、再び冬眠する選択肢も捨てたのでしょう。

主演以外の登場人物はなんと二人。しかも一方はアンドロイド。ですがこの二人はジムとオーロラが愛しあい、信頼しあうきっかけを作ってくれた人物なだけあって、とても魅力的でした。

残念な点としては、乗組員ガスのあっけない死です。そりゃ、意味のある死ではあったと思いますが、あまりにもあっけなさすぎではありませんか?ガスがやったことといえば、手動でアヴァロン号の異常を検出したことくらい。あとは病気に苦しんで寝込んだり倒れたりしていました。それからもう一点、このアヴァロン号は正直無能です。たしかに最新技術が詰め込まれた施設は立派ですが、予備の冬眠ポッド、複数の医療ポッドくらいあってもおかしくないはず。まぁそれがないおかげでストーリーが面白くなるのは事実ですが、少し現実的ではありません。

最後のシーンは88年後のアヴァロン号で乗客が目を覚ますところです。ジムとオーロラの二人の姿はどこにもありませんが、きっと二人とも安らかに眠り、そしてどこかにオーロラが記した物語が隠されているのでしょう。オーロラの自分の物語を未来の誰かに読んでもらうという夢が叶った瞬間でもあるのです。

大学生になりました。

初めまして。一朶(いちだ)と申します。18歳学生、ついでにレズビアンです。

 

先日大学に入学し、一人暮らしデビューもしました。新幹線の窓から手を振る母を見た時は自然と涙が出ましたが、意外にもそれ以降は寂しくて涙を流すようなこともなく過ごせています。

 

ここ一週間はオリエンテーション期間でしたが、恐ろしいことに地元の友達以外に友達と言える人はまだできていません。自分から話しかけるのはできるのですが、複数人になるとなぜか臆病になり、結局なかなか馴染めません。みんなテンション高くつるんでいるのを見るとすごいなぁと思う。出会って数日の人と、そこまで仲良くなれるのかと。

 

サークルもどこに入ろうか迷っている。体育系やいわゆる飲みサーなどはもちろん候補にない。いい具合に地味でお金がかからなそうなサークルがいい。来週地元の友達と写真部の見学に行くが、どうかウェイ系じゃありませんように。

 

もうひとつの悩みはやはり金銭面です。何かとお金のかかる新生活に嫌気がさします。買わなきゃならないものが山ほどあるのですが、教科書も買わないといけないことを考えるとゾッとします。早くバイトを始めたいのですが、コンビニバイトの面接は手応えが微妙でした。というかいざお店に行ったら働く気が失せました。やっぱり働きたくありませんね。でも働かなきゃ。

 

まだ授業すら始まっていない大学生活ですが、人間関係の面ですごく不安です。勉強はむしろ頑張ってやろうと思っています。留学にも行きたいし。でも例のごとくお金がない上、努力が苦手な私にできるかどうか。なんにせよ、自分を変えるならいい機会ですよね。

 

では、初めての夕飯を作ってきます。

自炊って大変ですね。